引越業者にチップって必要?

引越しの際に多くの人が疑問に思うことは、
チップを引っ越し業者に渡す必要のかどうかではないでしょうか。

 

海外ではよく耳にするチップですが、
日本においてチップを渡す人は少ないと思います。

 

しかし海外のチップとは違う気もしますが、
昔から日本では「心付け」としてチップのように渡す習慣はあります。

 

しかし、引越しの際に引っ越し業者にチップを渡す必要はないと思います。
引っ越し業者には料金を支払って来てもらっていますし、
来ている作業員はお給料をもらっているのです。

 

ではどうしてチップが必要か疑問になるのでしょうか?
それは、引っ越し業者がサービス業として営業しているからでしょう。

 

昔は引っ越し業者などなく、引っ越しは自分達でやるものでした。

 

人手が足りないようなら知り合いや親戚に手伝ってもらい、
そのお礼にご飯をご馳走したりして引っ越しは出来ていたのです。

 

それが今ではお金さえ支払えば、本人は何もしていなくても
引っ越し先で生活を始めることが出来るようになっています。

 

要するに自分の代わりに引っ越しをしてもらうのです。
なので、その感謝の気持ちをチップや心付けなどの形にしたのでしょう。

 

もちろん引っ越し業者も作業員が良く働いてくれれば、
チップを渡そうかなと思うと思いますし、
作業員次第で渡したいと思わないかもしれません。

 

ということで、チップは必ず用意する必要はありません。
どうするかは自分達で決めればいいのです。

 

チップに現金はちょっと…、と思うなら
ちょっとした軽食や飲み物などを渡すのもいいかもしれません。

 

 

⇒ 自分に合った一番良い引越業者を比較見積もりできます!