引越し時の挨拶の礼儀・方法と近所付き合い

引っ越しというと気になるのは近所付き合いではないでしょうか?

 

家を購入して一生すむ場合はもちろんですが、賃貸でも悩みます。
特に初めて引っ越しを経験する場合は不安でしょう。

 

ここで大切になるのが、引っ越し際のご近所への挨拶です。

 

・アパートやマンションの場合の近所への挨拶
挨拶をするのは大家さんと両隣、上下が基本と言われます。

 

これは生活音をはじめとする騒音や振動など、
生活に関するトラブルが起きた時に
スムーズに解決するためにも付き合いが必要になってくるからです。

 

もちろん地域活動、自治会や回覧板など、付き合いもあったりします。
自分が住む周りの地域の人たちとうまくやることは言うまでもなく大切です。

 

しかし近所付き合いが苦手な人もいますので、相手のことも考えて付き合いましょう。
また戸数が少ない場合には、全部に挨拶しておくのも良いでしょう。

 

・一戸建ての場合の近所への挨拶
まず袋小路な所に家を建てた場合には、その回り全ての家に挨拶に行きます。
袋小路だと、引っ越しの時に荷物を運び入れる際に家を塞いでしまうかもしれませんし、

 

引っ越しが済んでからもお客さんや知人が来たときに車を停止させるのに、
他の家の前に停めてしまうことがあったりと、迷惑をかけてしまうことがあります。

 

そのようなトラブルを予防するためにも、挨拶はしておくべきです。

 

また道路に面している家の場合には、
両隣になる2日〜3件とお向かいになる家庭には挨拶をしましょう。

 

そして挨拶に行く際に迷うのは何を持っていくかではないでしょうか?
挨拶に行くときには洗剤やタオルなどちょっとしたもので良いでしょう。

 

 

⇒ 自分に合った一番良い引越業者を比較見積もりできます!