引っ越し時の手続き【子供の転校】・転出証明書・在学証明書

単身者や夫婦だけで引っ越しする場合は問題ではないですが、
子供がいる家族の場合に引っ越しする場所によっては、学校への転校の手続きが必要になります。

 

子供のいる家族の場合には引っ越しが決まった時点で
学校または担任に引っ越すことを告げましょう。

 

転校に関する手続きは、引っ越し先の場所によって変わってきますので注意しましょう。

 

・同じ市町村内で転校する場合

引っ越しが決まったら、現在通っている学校に連絡して
転校に必要な書類を用意してもらいます。

 

必要な書類は「在学証明書」と「教科書給与証明書」です。

 

また役所で転居手続きをするときには「就学通知書」が発行されます。
その3つの書類を引っ越しってから通う学校に提出すれば転校手続きが完了です。

 

・今とは違う市町村に転校する場合

引っ越しが決まったら、通っている学校に連絡して転校に必要な書類を用意してもらいます。
必要な書類は同市町村の時と同じく、「在学証明書」と「教科書給与証明書」です。

 

ただ転居する際の転居届の手続きをすると、
「就学証明書」ではなく「転出証明書」が発行されます。

 

そして引っ越し先の役所で転入の手続きをするときに、
転出証明書を提出することで「就学証明書」がもらえます。

 

その3つの書類を転校先の学校に提出すれば転校手続きが完了です。

 

ただし、これは一般例ですので、地域によって手続きの方法や
準備する書類の名前が異なることがありますので、転校元の学校や役所でしっかり確認しましょう。

 

 

⇒ 自分に合った一番良い引越業者を比較見積もりできます!