引っ越し時の手続き【電気・ガス・水道】

引っ越しをしようとなると、生活において様々な手続きが必要になります。

 

電気、ガス、水道は生活に欠かせないライフラインなので
必ず引っ越し前から確認して手続きをしましょう。

 

現在、住んでいる場所での電気・ガス・水道などの未払いがあれば、
支払いを済ませてから、手続きを行いましょう。

 

電気・ガス・水道などライフラインについての
それぞれの手続きについて説明します。

 

電気は連絡するだけで大体OK

電気については、引っ越し日が決定後、領収書や検針票に書かれている
電力会社に電話をして引っ越すことを伝えます。

 

すると同時に引っ越し先の電力会社に回してくれることもあります。

 

回してもらえない場合は、引っ越し先の電力会社にも連絡が必要になりますので、
引越し先の電力会社がどこになるのかを聞き、引越し先の電力会社にも連絡しましょう。

 

引っ越しの連絡をした後は、引っ越し日以降に
メーターの確認を行ってもらい、後日支払いをすることになります。

 

連絡を先にしておくと、引っ越し先で電力を使うには、
引越し先に行ってブレーカーを上げれば、電気が使えるようになっています。

 

 

ガスはガス会社の人の立会いが必要なケースも

ガスは、引っ越しの日が決定したら、まず、ガスの領収証や検針票に書かれている
現在使っているガス会社に電話をして、引っ越しすることを伝えます。

 

引っ越し先のガスに関しては、事前に引っ越し日を連絡しておきます。

 

ガスは電気とは違い、ガス会社の人が立ち合ってガスの開栓をしなくてはいけないのです。
引っ越し日を連絡して、時間を調整をしてもらいましょう。

 

 

水道についても忘れずに、水道局に連絡をしましょう

水道を止めるには、引っ越し日が決定したら、水道の領収証や検針票に書かれている
都道府県または市区町村の担当水道局に引っ越しすることを連絡をします。

 

同時に引っ越し先の担当水道局にも連絡しておきましょう。
引っ越し後に、水道局の人が確認に来て精算する形になります。

 

引っ越し先では家の外にある栓を捻れば水が使えるようになっています。

 

 

⇒ 自分に合った一番良い引越業者を比較見積もりできます!