引越しの荷造り(棚や雑誌)の注意点と上手な方法

引越しで最も大変な作業に当たるのが荷作りです。
荷作りがスムーズに出来ないと作業はどんどん溜まってしまいます。

 

その溜まった作業を見て、やる気を失う人も多いのではないでしょうか?
そこで荷作りのポイントを簡単に紹介します。

 

食器棚、本棚、タンスなどの棚類

 

まず始めに中身を全て出し、ダンボールに梱包します。
棚の中身がいくら軽くて小さくても、空っぽにするのが基本です。

 

引っ越しを業者に依頼している場合は、
棚本体を運び出す時は、業者が梱包してくれるのでそのままで大丈夫です。

 

もし自分達で運び出すには、引き出しの飛び出し防止に紐で縛ったり、テープで止めます。

 

ポイントはテープを落ちない程度の仮止めにすることで、
テープの粘着力が強いものを使ってしまうと棚を傷つけることがあるので注意しましょう。

 

食器棚などガラス戸が付いている場合は、
そのままでは割れたりする恐れがあったりと危険ですので、
全部取り外して毛布などの布で包んで運びましょう

 

棚板があるものは同様に棚から出して紐で縛って
分からなくならないようにまとめておきましょう。

 

本や雑誌など、箱などに詰め込めるもの

 

本類の梱包は、小さめの丈夫な箱に分けていれることが大切です。

 

本は思いのほか重たいので、大きな箱に詰め込んでしまうと
段ボール箱などは、重さでそこが抜ける可能性があります。

 

また、大きな箱で重たくなり過ぎないようにと
荷物を少なめに入れたりするのも、あまりよくありません。

 

その少なめに入れた箱の上に
他の荷物を上に積んだりしたときに、箱が潰れてしまう危険性があります。

 

紐で十字に縛る方法もありますが、重なると重たくなって不安定になるので、
運んでいる最中に荷崩れをおこすこともあるので止めておきましょう。

 

あとは、箱の中に何が入っているかわかるように、
ダンボール箱なら中身の内容を書いておきましょう。

 

荷作りのポイントは、丁寧に一つ一つきちんと行うことなのです。

 

⇒ 自分に合った一番良い引越業者を比較見積もりできます!