引越しをするのに良い日とは?引越し日和について

引っ越しをする際に、引っ越しに良い日があるのは知っていますか?

 

よく結婚式は大安に行うことが良いとされていたり、
お葬式は仏滅に行うようになっています。

 

このように冠婚葬祭は日によって決められています。

 

引っ越しも同じなのです。
実は引っ越しも冠婚葬祭に含まれているのです。

 

だから日を見て良い日に引っ越しをするべきなのです。

 

でも実際に引っ越す際は、良い日だけでなく、
物理的に引っ越し日和と言われるものもありますので、両方が良い日に引っ越せるのが良いでしょう。

 

では物理的に引っ越し日和と言われる日はどんな日でしょうか?

・天気が良いの日
(梅雨時や台風時期、真夏は避けたほうがよいです)

 

・道が混まない日
(ゴールデンウィークや週末は道が混み合ってスムーズに引っ越しが出来ないことも)

 

・手伝える人手が確保できる日
(家族や友人など手伝ってくれる人がいれば引っ越しが楽になります)

 

・自分のスケジュールに無理がない日
(休暇中や仕事が忙しくない日を選ぶ)

 

という様々な条件があります。

 

上記に書いた条件をそろえて引っ越し出来るのが理想ですが、
引っ越しは結婚式のようにだいぶ前から決めて準備をしているわけではないので、
必ずしも良い日に出来るとはいきません。

 

引っ越し業者は天候に関係なく活動していますが、
もちろん雨などの天気も避けたいですが、天気は当日にならないと分かりません。

 

でもなるべく良い条件がそろえれるように、事前に業者と相談して引っ越ししたいものです。

 

⇒ 自分に合った一番良い引越業者を比較見積もりできます!